中古車の定義と購入するメリット

中古車とは新車を誰かが一度は使用したもの、という認識が一般的ですが、全く使用していなくても中古車扱いになるものがあります。


それは、自動車販売店などが試乗車としてナンバー登録をした車です。
厳密に言えば、たとえ車を全く使用していなくても、一度ナンバー登録をした車は、すべて中古車になるということです。



よく、走行距離が少ないものが販売されていますが、年式が新しいものであれば、試乗車などが出回っていることが多いと考えられます。



中古車は事故歴や補修歴があると心配という人もいますが、日本の場合、きちんと事故歴や補修歴は販売する際に明示しなければならず、もし明示されていない車を購入した場合は、契約をキャンセルすることができます。ただし、補修歴の明示義務は、ボルトで固定されているドアやバンパーなどの部分の補修は明示義務はありません。


骨格部分の補修を行ったものは明示義務が発生します。



きちんとわかりやすく表示や説明がされている販売店は信頼できるでしょう。中古車の場合、新車と違い、前のオーナーがHDDナビなど色々なオプションを装備していたり、装飾にこだわっていたりすることがあり、新車で買うよりかなりお得に購入できることもあります。
また、現在は販売されていない年式の古い車も購入することができます。

人と違う車や自分にピッタリの車を見つけることができるので、新車よりも選択肢の幅は大きく広がると言っていいでしょう。