メリットとデメリットがある中古車

初めて自家用車を購入する場合や、今乗っている車の乗り換えを検討する場合、新車にしようか中古車にしようかと悩みます。


経済的に余裕があれば、誰しも新車を選び、好みの車種、好みの色、欲しかったオプション装備もつけて、ささやかなプライドを感じながら運転したいものです。



しかし、車の購入に使える金額がおぼつかない時は、税金や登録費用、保険料などを差し引き、実際に車選びに使える金額はぐんと減ってしまい、新車で購入できる車は、軽自動車か普通車なら排気量の小さい、内装のグレードも低いものにならざるを得ないでしょう。
しかし、中古車なら、諸費用が同じようにかかるとしても、選ぶ車の幅はぐーんと増えます。


憧れの車種が手の届く金額で手に入り、運転する楽しさを味わうことが出来るのは至上の喜びです。



しかし、デメリットもあります。

新車の場合は好みのタイプや色などを指定することが出来ますが、中古の場合はそれができません。

希望の条件を若干変更して選ばざるを得ないことになります。
また、車は多くの部品によって組み立てられたマシンですから、当然、経年劣化や摩耗などにより、故障が起きやすくなることを承知しておかなければなりません。

車の状態にもよりますが、その車に乗れる期間が短くなります。


メーカーで生産をやめた車などは、一定年数で部品の供給も無くなりますから、修理が困難になります。
販売店の保証期間も短くなります。中古車販売店の選び方も重要です。自動車メーカー系列が運営している販売店はチェーン店としての強みはありますが、独立系の中古車専売店では、意外な掘り出し物がみつかることもあります。



購入を急ぐ必要がない場合などには、販売店に希望を伝えておき、長期戦で掘り出し物が出るのを待つ方法もあります。
事故車やメーター戻しなど、中古車にはつきものの悪い話もよく耳にしますから、信頼できる販売店を選ぶことが大切です。